新宿でできる医療脱毛ってどんな仕組みで脱毛できるの?

新宿では今注目の医療脱毛が受けられる美容外科などの医療機関が増えているのですが、実際に医療脱毛ってどんな仕組みで脱毛がされているのでしょうか?その効果を知るためにも医療脱毛の仕組みについて知っておきましょう。

医療脱毛ではレーザー光線を用いますが、このレーザー光線は波長の長さを変えることによって、特定の色に作用させることができます。

よって医療脱毛に使用するレーザー光線というのは黒色に作用する波長の光線が使用されることになります。

医療脱毛では皮下にある毛のメラニン色素をターゲットにして照射されるので周りの色の異なる肌などには影響がなく、照射されたメラニン色素を持つ毛は熱を吸収し、毛母細胞を破壊するという仕組みで毛が生えてこなくなります。

このことから考えると、医療脱毛をする場合は肌にあったシミやアザなどに効果が出る場合もあり、レーダー脱毛器によっては美肌効果があるといわれているものもあります。

また、メラニン色素に反応するということで、産毛やあまり黒くない毛にはあまり効果がないということもあります。

よって、肌の色やむだ毛の状態によって、合っている脱毛機器での医療脱毛をすることがベストになり、医療脱毛をする際には、どんな脱毛機器を利用しているのか、自分の体質に合っているかの確認が必要です。

新宿でできる医療脱毛は、レーザー光線を毛のメラニン色素に作用する波長で肌にあてて毛母細胞を破壊して脱毛をしていきます。